犬は群れをつくって生きてきた歴史があります。
 人間を自分の家族として認識して、自分のポジション (順位)を決める習性があります。
 それ故に家族として迎え入れたらきちんとした 『しつけ』(トレーニング)が必要です。
 お家での様々なトラブルが起きないように子犬の頃 から人間と暮らすルールを覚えてもらいまし
 ょう。


  犬ジステンパー(伝染病)
   強い感染力があり、死亡率の高い伝染病です。
   高熱・目やに・鼻水・元気食欲がない・下痢・嘔吐などの症状・ 病気が進行すると脳炎をおこ
   し、神経系がおかされます。
   助かっても後遺症が残ることの多い病気です。



  犬伝染性肝炎(伝染病)
   子犬の場合、感染率・死亡率が高く、発病後数時間で死亡するこ ともあります。
   病気が治っても尿中に半年以上もウィルスが排泄されることがあるので注意が必要です。
   肝臓がおかされ、元気食欲がない・鼻水・下痢・嘔吐・扁桃腺の 腫れなどの症状。
   回復期に目が白く濁ること(ブルーアイ)もあります。



  犬アデノウィルス2型感染症(伝染病)
   このウィルス単独感染での症状は、咳など軽いのですが、他のウ ィルスや細菌との混合感染で
   「ケンネルコフ」を起こします。



  犬パラインフルエンザ感染症(伝染病)
   咳・鼻水が主な症状ですが、このウィルスも「ケンネルコフ」の 原因の1つです。
   ※「ケンネルコフ」は、咳・鼻水・気管支炎・肺炎などの症状が現れる呼吸器の症候群です。
    原因となるウィルスに他の細菌などの混合感染が起こると症状がひどくなり、死亡するケー
    スもあります。
    『百日咳』ともいわれるほど咳が長く続くことが多い病気です。
    犬が集まる場所で多く発生します。



  犬パルボウィルス感染症(伝染病)
   非常に伝染性が高く、子犬では死亡率の高い恐ろしい病気です。
   感染犬の糞便にウィルスが排泄されます。
   ウィルスは非常に強く、一般的な環境で何ヶ月も生き続けることができます。
   下痢・血便・嘔吐などの腸炎型と、希に子犬が突然死してしまう心筋炎型があります。



  犬レプトスピラ症(伝染病)
   レプトスピラは、犬・野生動物・家畜そして人間にも感染する人畜共通感染症です。
   感染動物の尿中にはレプトスピラ菌という細菌 が排泄され、それが口や皮膚のキズなどから侵
   入して感染します。
   黄疸出血型 …黄疸・発熱・嘔吐・下痢・歯茎などからの出血尿毒症を起こして死亡する例も
          多くあります。
   カニコーラ型…腎臓が侵され、発熱・嘔吐・下痢・脱水症状を起こします。
          尿毒症を起こして死亡することもあります。



  狂犬病(伝染病)
   ほとんどすべての哺乳動物に感染します。
   日本では昭和32年を最後に発生がありませんが、海外では現在でも多くの国で流行し、 年間4
   ~5万人もの人が命を落としています。
   狂犬病に感染した 動物の唾液にウィルスが含まれているので、咬まれて感染します。
   恐水発作などさまざまな神経症状を引き起こし、100%死亡します。
   日本では犬の飼い主は、『狂犬病予防法』により犬の登録と年1回の狂犬病ワクチンが義務付
   けられています。



  犬フィラリア症
   蚊によってフィラリア(犬糸状虫)という寄生虫を媒介される犬にとって、とても恐ろしい病気
   です。
   フィラリア(犬糸状虫)の寄生する場所は犬の心臓です。
   心臓以外にも体に様々な障害をもたらし、命にかかわります。
   ただし、フィラリアが幼虫のうちに予防薬で 駆除すれば予防ができる病気です。
   毎年、蚊の活動期間に合わせ た投薬スケジュールを守れば100%予防できます。