待合室は他の飼い主の方と共有する場所です。

  大型犬・中型犬
   必ず首輪・リードを付けて、リードを短く持って下さい。
  小型犬
   キャリーバックに入れるか、首輪・リードを付けて膝の上に抱いて下さい。
 ※ 興奮しやすい性格の場合は、待合室の外か、お車でお待ちいただく事があります。
 
   大きな音などに驚いて逃げ出す事があります。
   必ずキャリーバックにれた状態でお待ち下さい。

 伝染病(またはその疑いがある)場合は…
 できる限り診察の予約を入れて下さい。
 予約時間に来院し、順番が来るまでお車でお待ちいただくことになっております。


 病状をよく分かっている方がお連れになり、どんな状態なのか分かりやすく教えてください。

 ① いつ頃から? → (例) 3日前から
 ② どこが?   → (例) 右前足を
 ③ どんな症状? → (例) 上げて痛がる
 (お家でメモを作りまとめると話しやすいと思います)

 ※ 診察中に診察の妨げになると思われる場合、待合室でお待ちいただく事があります。
   スタッフの指示に従ってください。
 ※ お子様をお連れの際は、院内では騒がないようご注意下さい。


 当院では十分なインフォームド・コンセント(説明と同意)を心掛けたいと思っております。
 疑問・質問・料金についてなどご遠慮なくお尋ね下さい。
 病状についてのご質問は、獣医師の診察が終わってからお願いします。